5,000円以上
購入で送料無料
見附市内は金額問わず無料‼️
当サイトのこだわり

お米

令和1年度 見附産「早生」目黒さんのつきあかり(5kg)
令和1年度 見附産「早生」目黒さんのつきあかり(5kg)
炊飯米の外観、うま味の評価に優れる新品種米「つきあかり」 ご飯の外観が艶やかで輝くように見えることから「つきあかり」と命名されました。 大粒で、もちもちとした弾力、しつこくない味わいと粘りがある極良食味のお米です。 コシヒカリにも劣らない高い食味評価を得ています。 もちもちとした弾力とほどよい粘り、つやつやと輝く味のあるお米です。 炊き立ての味が良いのはもちろん、最大の特徴は炊飯後もその高い食味が維持されること。 4時間保温後の食味はコシヒカリを上回り、冷めても美味しいのが「つきあかり」です。 新潟県は、収穫時期分散ため、コシヒカリより早い時期に生産できる早生品種と 遅い時期に収穫できる晩生品種の開発をそれぞれ進めてきました。 早生品種では「こしいぶき」、そして、晩生品種では、「新之助」が有名ですが、 米の価格低迷に伴い「こしいぶき」の人気が落ち価格下落が問題になっています。 そんな中、登場したのが新たな早生品種の「つきあかり」です! この「つきあかり」は炊き上がった様子が、艶やかで光り輝いていたことから命名され、 2016年に登録後、その美味しさから人気が広がっている期待の新品種です。
¥ 2,500
令和1年度【鳥野脇町】長谷川さんのわたぼうし(もち米)おこわにお餅に適しています
令和1年度【鳥野脇町】長谷川さんのわたぼうし(もち米)おこわにお餅に適しています
もち米といえば、【ごがねもち】が有名ですが、【わたぼうし】も格別なもち米です。 こがねもちより冷めてもやわらかく、切り餅、おこわ、赤飯にもおすすめです。 栗おこわにとてもあいます。 「わたぼうし」は、「もち米の王様」とも呼ばれる「こがねもち」と並び新潟県で奨励されている品種です。昭和55年に新潟県農業試験場にて「わたぼうし」は育成され、そこから13年という長い年月の末、平成5年に品種登録がされました。「わたぼうし」の栽培は新潟でしか行われておらず、きれいな雪解け水・豊かな土壌として恵まれている米どころ・新潟の土地だからこそ美味しい「わたぼうし」が収穫できるのです。 「わたぼうし」の特徴は、一粒一粒がやや大粒で炊き上がったお米の光沢・粒張り・粘りが十分あることから赤飯やおこわとしても美味しくいただけます。一方でお餅として焼いて食べても、白くてふわふわと食感が柔らかく美味しくいただけることから、お米・お餅の両方でも美味しく食べることが出来る万能の品種なのです!しっかりした歯ごたえと豊かな風味、口当たりの良さから上質で有名な品種としても知られています。
¥ 600 SOLD OUT
令和1年度【栃窪町】ギフト米 山の水で作った希少価値のあるはざかけ米(1kg)
令和1年度【栃窪町】ギフト米 山の水で作った希少価値のあるはざかけ米(1kg)
1kgサイズのコンパクトなお米です。 ご家族、友人、会社関係の人へプレゼント米として如何でしょうか。 ※品種は令和1年度コシヒカリとなります。 お米は見附市で唯一山の中で、そして山の天然水だけを使って作ったお米です。 寒暖差が大きく、サンショウウオや水芭蕉が咲くきれいな水でできています。 棚田で作られており、1面が小さく歪な田んぼでは多くのお米が作れません。 とても希少価値があるお米は、粘りがあり冷めてもおいしいコシヒカリです。 そのお米をはざかけして手間をかけたものを召し上がって頂きます。 ご自分で作成されたラベルを貼って、送付することも承ります。 下記リンクから、ラベルを作成頂きデータを送付いただければシールを送付させていただきます。 世界に一つだけのお米パッケージを作りませんか?(商品の写真はラベル作成イメージです) 【ラベル作成】 https://otegaru-print.net/ (アクセス後、商品番号検索で「12593」を検索して作成願います。) このお米は、見附市地域おこし協力隊員が栃窪集落でお米作りをしており、その集落の農村保存活動に対する応援に「寄付」して頂く形式でお米をお渡しする考えをしています。 【栃窪町詳細】 https://www.facebook.com/mitsuketochikubo/ 【隊員の詳細】 https://n-ippo.jp/project/report/505
¥ 700 SOLD OUT
令和1年度【栃窪町】見附の地域お越し協力隊が山の水で作った希少価値のあるはざかけ米(5kg)【10月下旬発送】
令和1年度【栃窪町】見附の地域お越し協力隊が山の水で作った希少価値のあるはざかけ米(5kg)【10月下旬発送】
5kgサイズのお米です。 検査を受けていない為、表記は出来ませんが品種は令和1年度BLコシヒカリとなります。 そして、一等米のはざかけしたお米となります。 はざかけ5kgでこの値段は破格です。 【栃窪の場所】 お米は見附市で唯一山の中で、そして山の天然水だけを使って作ったお米です。 寒暖差が大きく、サンショウウオや水芭蕉が咲くきれいな水でできています。 棚田で作られており、1面が小さく歪な田んぼでは多くのお米が作れません。 とても希少価値があるお米は、粘りがあり冷めてもおいしいコシヒカリです。 そのお米をはざかけして手間をかけたものを召し上がって頂きます。 【生産者の思い】 今でははざかけはあまり見ません。手間が掛かり収穫も減ります。 はさがけ乾燥は、機械乾燥に比べて、 1.ゆっくり乾燥し割れ粒や味の低下が少ない 2.穂の形が残ったままで乾燥 3.省エネルギー乾燥である という利点があります。 まったく農業に触れたことがなく、1からの取組で山の棚田は水をコントロールするのが手間と労力をとても使います。その中でもこの自然の中で作るお米のうまさと不便さを楽しみながら作ったお米、是非とも食べていただき同世代の人が一人でも多く、楽しめる農業に加わって頂きたい思いを込めています。 今年の新潟県は一等米比率が非常に低い中、最高の品質が出来上がりました。 更にそれをはざかけにしているので、一度食べてもらえればおいしさは理解頂けると思います。 【その他】 ご自分で作成されたラベルを貼って、送付することも承ります。 下記リンクから、ラベルを作成頂きデータを送付いただければシールを送付させていただきます。 世界に一つだけのお米パッケージを作りませんか?(商品の写真はラベル作成イメージです) 【ラベル作成】 https://otegaru-print.net/ (アクセス後、商品番号検索で「12593」を検索して作成願います。) このお米は、見附市地域おこし協力隊員が栃窪集落でお米作りをしており、その集落の農村保存活動に対する応援に「寄付」して頂く形式でお米をお渡しする考えをしています。 【栃窪町詳細】 https://www.facebook.com/mitsuketochikubo/ 【隊員の詳細】 https://n-ippo.jp/project/report/505
¥ 2,000 SOLD OUT
TEL: 050-7124-3614
E-mail:mitsukenouka@gmail.com